オカルトゾンビ

ゾンビの様にオカルトな話題をむさぼるブログです!

    恐怖体験

    AME_8421hadenahanabi_TP_V

    「・・・・・・という話だ。」 
     
    Aが、何度目になるかは分からない怪談を終えます。 
     
    『次は俺の番か』どの話をしようか考え始めた時、ふと、先ほどの疑問が頭をよぎります。 
     
    あの後、10回、いや20回は、怪談を話しています。合わせれば30回以上は怪談をしていたような気がします。 
     
    いや、実際はそんなにしていないかもしれませんが、かなりの回数の怪談を話したのは事実です。 
     
    時間で言えば、1時間、いや、2時間はとっくに経過していていいはずです。なのに未だに山道から出ていないのです。 
     
    『道に迷ったのかな?』そうも思いましたが、それにしても時間がかかりすぎです。 
     
    ここが何処かはわかりません(カーナビもない時代(一応あるにはあったが、学生の車に搭載できるような代物ではなかった)) 
    周りは真っ暗。

    いや、真っ暗すぎます。まさに墨を流したような暗闇です。 
     
    一気に不安が広がります。 
     
    【【恐怖体験】ドライブ帰りの百物語 中編】の続きを読む

    AME_8421hadenahanabi_TP_V

    もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿(と言う名目の旅行)に出かけ、その帰り、 
     
    大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。 
     
    花火大会の後、会場近くの河原で買い込んだ花火を楽しみ、そのまま先輩の車に同乗させてもらい、東京に帰ることになった。 

    河原で花火を楽しみ、しばらく休んだ後の出発だったので、時間は、12時を過ぎて、1時になろうとしていた。 
     
    今から考えれば危険極まりないが、若さゆえか、誰もそんなことを気にしていなかった。 
     
    【【恐怖体験】ドライブ帰りの百物語 前編】の続きを読む

    PPS_sabitanankinjyou_TP_V

    友人から聞いた話なんだけど。 
     
    そいつは大学一年生になるんで、大学に近いアパートに一人暮らしをする事になったらしい。 
     
    二浪したそいつは、既に同じ大学に通っている予備校からの友達三人を呼んで、引っ越しを手伝ってもらって、そのまま皆でアパートで酒を飲み始めたらしい。 
     
    その後、一人一人帰り始めて、最後の一人が帰るというので、友人は玄関の外まで見送って部屋に入った。 
     
    飲んだ後の片付けが面倒なんで、そのままにして寝る事にした。
     
    寝室に布団敷いて、電気消して毛布かぶって寝ようとした。

    カーテンが無いので、外の明かりが入って来て、それまで真っ暗で寝てたそいつはなかなか寝付けなかったらしい。 
     
    ウトウトし始めた時、ドアの鍵締めたっけな?確認しなきゃって思い始めたらしい。 
     
    そいつは霊感があるって自分で言ってたけど、鍵かけてない玄関は、何かそういうのが入って来ちゃうらしい。

    それは嫌だし、単純に変な奴とかに入られても怖いし、めんどくさいけど取り敢えず確認しに行くかと思った。 
     
    眠い中心を決めて目を開けた。

    その瞬間、目の前20センチくらいの所に、生気の無い覗き込む男の顔があって、凄まれた。低い声で 
     
    「もう遅ぇよ」って。 
     
    その瞬間、条件反射で毛布を頭までバッとカブった。

    殺されると思ったらしい。

    そのまま一分ぐらい経っても何もして来ないんで、ソロソロと毛布を下げたら、そいつは居なくなってたらしい。 
     
    今はその友人は既に違う所に住んでるけど、未だにその時の、覗き込んで来た男が、人間なのかそうで無いのか、分からないって言ってる。

    P1000381_TP_V

    俺は学生寮に帰り後輩達にホワイトハウスの話をした。 
     
    後輩が自分の部屋に帰った後、俺はホワイトハウスで使ったインスタントカメラを取り出そうと鞄を手に取った。鞄がやけに重い。 
     
    鞄のチャックを開けた、すると 

    三体の日本人形が俺を睨んでいた 

    「うわっ」 
     
    声を上げ鞄を投げ捨てた。俺はすぐ友達に電話した。 
     
    【【恐怖体験】自称霊能力者の俺の爺さん 後編】の続きを読む

    P1000381_TP_V

    俺の爺さんはよくわからないけど自称霊能力者らしい。

    知り合いを呼んでお祓いをしたりしていた。 
     
    小さい頃は何とも思っていなかったが、さすがにあるていど歳を取るとまったく信じなくなっていった。 

    胡散臭い爺さんなんだが、何故か色んな人がうちの爺さんに会いに来る。 
     
    爺さんは無償でお祓いを行っていたから金儲け目的で嘘をついてるわけじゃなく、本気らしい。 
     
    中学生になるくらいには爺さんアホくせえと思ってた。 
     
    そんな爺さんに関するエピソードがいくつかある。 

    俺が小学5年生の時に、俺の親父が死んだ。まあ普通の病気だった。 
     
    どうも親父の死ぬ歳を爺さんが予言していたらしい。

    親父が健康な時から爺さんは親父に

    「お前はこのままだと38歳で死ぬから毎日神様にお参りしろ」

    みたいな感じの事を言ってたらしい。 
     
    親父はまったく信じる事なく、まあ38歳で死んじまったわけだ。 

    他にも似たような感じで他人の死期がわかる事がたまにあるらしい。なんか神様が教えてくれるんだとさ。
     
    あと爺さんの別の話だが、俺が中学2年か3年くらいの頃に爺さんの車で買い物に行った時だ。 

    【【恐怖体験】自称霊能力者の俺の爺さん 前編】の続きを読む

    KAZDSCF2625_TP_V

    俺の近所のアパートに「吉永さん」っていう精神障碍者がいるんだよね。 
     
    かなり酷いみたいで、いつも車イスにのってて、

    よだれは垂れ流し、家族もあんまりめんどう見てないみたいで、

    正直同情しちゃってた。 
     
    それで、ある友人が 
     
    「〇〇アパートにいる吉永ちょっといじってこようぜ!!!」って、

    ちなみに吉永さんを「さん」つけして呼ぶのは俺くらいいね、
     
    「え、でもやめとk、、、」 
     
    「いいから行くぞ!!!」 
     
    そういわれて俺は渋々と行ってしまった。 
     
    【【恐怖体験】吉永さんをいじめた報い】の続きを読む

    AMEchikatuuro_TP_V

    今から3~4年前の話。 
     
    マンション住まいの友達の家に遊びに行ったとき、ちょうど時間は夕方5時くらい 
     
    友達はマンションの5階に住んでいるので、さすがに階段は面倒なのでエレベーターを使う事に。 
     
    しかしエレベーターのドアが開いた瞬間「ウッ」と思い立ち止まった。 
     
    喪服姿の小太りした女性が入口側に背を向けて入口をふさぐように立っていた 

    幽霊というよりは頭おかしい人が乗ってるのかと思い、

    さすがに「ちょっとどいてくれませんか」 
     
    と話しかけるのも怖いので立ち尽くしていたらそのまま扉が閉じた 
    見なかったことにして階段で5階まで行くことに。 
     
    【【恐怖体験】エレベーターに居座る喪服姿の女性】の続きを読む

    PAK85_anzendaiichi20141223130717_TP_V

    学生の頃の話 
     
    院長の脱税だかで閉まってそのまま放置となっていた廃病院がある 
     
    最近周りにロープが張られたのでとうとう解体が決まったらしいと 
    慌てて肝試しに行くことにした 
     
    男三人と女二人。女のうち一人は自称霊感少女 
     
    夏場の午前3時スタート。周りはまだ暗いが帰りは夜が明ける頃にした 
     
    ドキドキしながら3階建ての建物内を歩いたが特にこれと言ったことはなく 
     
    少々拍子抜けだった時、友人の携帯が鳴った 
     
    パッパッパラッパ、ウゥッ!(なんかのジャズ?) 
     
    アホみたいに陽気なメール音の、ウッ!の時に合わせるように大きな音がした 
     
    【【恐怖体験】霊感少女は怪しい】の続きを読む

    PPP_yuugurenokousyaura_TP_V

    去年の秋ころの事なのだが。 
     
    部屋で本を読んでいたら窓の外が僅かにカタン…カタン…と揺れる音がした。 
     
    風かな?とあまりきにせずその日はそのまま寝た。 

    それからも数日おきくらいになんか窓が揺れる音がしていて、

    このアパート建て付け悪いのかな?

    新築っぽいのになぁとか考えていた。 

    【【恐怖体験】ヤモリの様な女】の続きを読む

    ZUDSC_9520_TP_V

    ア‥‥アム‥‥ 

    なんだ、何の音だ? 
     
    急に不可解な、こどものような高い声がどこからともなく聞こえてきた。 
     
    カーステを更に絞り、少 しだけ開いた窓に耳をそばだてる。 

    ア‥アモ‥ア‥ 

    …声が近付いてきている。 

    尚も霧は深い。急激に怖くなり、窓を閉めようとした 
     
    「みつけた」

    身体がカキンコキンに強張った。 
     
    なんだ今の声。 
     
    左の耳元で聞こえた。 
     
    外じゃない。 
     
    車内に何かいる。 
     
    【【恐怖体験】モリモリさま 中編】の続きを読む

    このページのトップヘ