KAZUKIDSCF2411_TP_V

小学2年の頃のはなし 

私は、母親とその同僚、兄(小4)とともに母の同僚(以下Mさん)の家に遊びに行った 

夕方になり、近所の銭湯に行ったのだがそこでおかしな体験をした 

母とMさんは女湯へ私と兄は男湯へ 

他の客は爺さんが5~6人ほど 
私と兄は、端っこの方で湯につかっていた

しばらくすると、爺の一人が怪訝な顔をしてこっちに来た 
1mくらいのところで、こういいやがった 

「あー、地球人の子か?おーいみんな、地球人の子だー」 

えっ!っと思ったら別の爺が 

「珍しいなぁー、ほんとに地球人の子ーかー」 

といいながら近づいてきた 

湯船の中をゆっくりあるきながら、全爺が終結しつつあった 
幸い、端っこにいたので、

怖くなった私と兄は湯船を出て銭湯から出ようとしたが、仲間っぽい爺がいたので便所の大のほうに入って鍵をかけた

私と兄は聞き耳をたてていたがどうやら扉の外に誰かいるようだ 

泣きながらしばらくまったがいきなり兄が扉を開けて出ていったので私も必死に走ってついていった 

全裸で外に飛び出すと、兄が服を取ってきてくれた 

心臓ばくばくで母たちを待っていると 
しばらくして出てきた 

母が「はやかったんだねぇ、帰ってご飯にしようね」 

みたいなことを言っていたので、母の手をとって歩きながら 
今起こった事を話した

普通、こんな時、母親ならなんていうかな? 

そんな事あるかねーとか、なーに言ってんの? 
とか、そんな感じになると思うよな? 

でも母の反応はぜんぜん違った 

無視されたんだ 

しかも、こっちをまったく見なかった 

私はいよいよこわくなって、兄の方に行って二人で、「何か変だ、何か変だよね」とか言いながら、その日はその後その話題を出さずに帰った

その後、母とMさんにその話をしても 
「えー、憶えてないよ?」 

と言われる始末 

腑に落ちなかったが、兄とはちょくちょくその話をしていた 

とくに昔は、矢追純一のUFOスペシャルとか良くあったので 
その手の番組が放送される度に、「例の件」の話になった 

そして私が中学2年の時、例の如くUFOスペシャルの特番が放送されていたので兄と二人で見ていた 

私が「あれ、結局何だったんだろうね」というと兄は 

「は?何が?」 

何と、兄はすっかり忘れてしまっていた

だって、毎年数回は話してたのにいきなり忘れるかね? 

もし忘れていたとしても、詳細を話せば思い出すと考え、 
話したけどまったく思い出してくれなかった

あれから事ある毎に「例の話」をみんなにしているのだが 

「あーまた始まった」状態だ 

ところが確認したところ、どうやら、母とMさんは銭湯に行ったのは憶えているらしい 

兄だけが全忘れ状態だ 

それで最近母がMさんにその話をしたところ 
その銭湯がまだあるとのことだった 

ちょっと怖いけど、今度行って確かめてみる