P1030070_TP_V

煮ると溶ける魚についての噂
があった 。

基本的に見かけることが少ないレア物である 。

サイズは最大二十センチくらい 。

形はオイカワ、あるいはウグイに似ている 。

上記二種の魚なら、せいぜい五センチくらいに成長すると身体の透明な部分はなくなるのだが、こいつは成魚になっても内臓どころか骨まで見えるくらい透けている 。

さらに滅茶苦茶泳ぐのが早くて、滅多に捕まえられない 。

どのくらい早いのかっていうと、

もし捕まえられたら、そいつの名前は伝説として、その後数年は小学校で語り継がれるってほど 。

自分も後少しというところまで迫ったんだけど、浅瀬に追い詰めたら、陸に 乗りあげてそのままの勢いで、すぐそばの支流に飛び込んで逃げ切りやがった… 

ちなみに食ったという話は聞いたことない、そもそも食うほどまとまった数が取れるとも思えない 。

今でもあの魚はあそこで生きているんだろうか?