AME_8421hadenahanabi_TP_V

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿(と言う名目の旅行)に出かけ、その帰り、 
 
大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。 
 
花火大会の後、会場近くの河原で買い込んだ花火を楽しみ、そのまま先輩の車に同乗させてもらい、東京に帰ることになった。 

河原で花火を楽しみ、しばらく休んだ後の出発だったので、時間は、12時を過ぎて、1時になろうとしていた。 
 
今から考えれば危険極まりないが、若さゆえか、誰もそんなことを気にしていなかった。 
 
「先輩、運転疲れたら行ってください、俺ら変わりますから。」 
 
「おお、そんときゃたのむは。ま、高速乗るまでは、道知ってんの俺だけだし。高速まではゆっくり行って60分位だし、 
高速乗った最初のSAで、運転変わってもらうかも。でもぶつけるなよ。俺の愛車。」 
 
「大丈夫ですよ。」 

皆で(と言っても、先輩、私含め4名でしたが)先輩の車に乗り込み、出発します。 
 
運転席に先輩、助手席にA、私ともう一人のBは後ろ座席です。 
 
走り始めて10分~15分ぐらいで、車は山道に差し掛かり始めました。 
 
この道を越えるとインターがあるとのこと。 

「知ってるか?この辺りにはさ、神隠しの伝承があるんだ。」と先輩が話し始めます。 
 
「ああ、俺の田舎でもそういう伝承のある山がありました。」とB 
 
「ああ、でもさ、ここは、明治になった後、いや、戦後でも神隠しが発生したらしいんだ。」 
 
「まじっすか?」 
 
「ああ、明治の頃、日本人は迷信にとらわれすぎている、って考えていた若い帝大の教授が、  
迷信であることを証明する。として、ここで、それを実行して、で、神隠しにあったんだと。」 
 
「へえ?で、神隠し、って事は、当然そのまま行方不明なんですよね?」 
 
「ああ、でな、その後、この辺の人達はそれを恐れて、この山に近づかなくなったんだ。 
でも戦後になって、その記憶が薄れたのと、戦後の雰囲気っていうのかな? 
30年ごろ、東京の大学院生達がここにきて、神隠し事件を調べようとしてさ、やはり行方不明になったんだ。」 
 
「でも、戦後じゃ、警察とか動きますよね。いや、明治でも動いと思いますけど。」と私 
 
「ああ、警察、消防団とか総動員で山狩りをしたんだけど、結局何の手がかりもなかったんだって。 
まあ、戦後になったとはいえ、田舎だから、年寄りとかはまだまだ迷信深くて、最初は山に入りたがらなかったって話だけど。」 
 
「へえ、新聞に載ったんですかね?」 
 
「地元の新聞には載ったらしい。」 
 
「何かの事件に巻き込まれたんですかね?」 
 
「まあ、そんな所かもしれないが、地元の年寄りたちは、やっぱり神隠しの伝承は本当だった。 
物見遊山気分だから、神隠しにあったんだ。って噂し合ったんだ。」 
 
「なんか横溝正史の小説か、浅見光彦みたいですね。」
 
「神隠し伝説殺人事件とか」 
 
軽く笑う4人。 

「そういえば、俺の田舎でも・・・」Bが話を引き継いで、地元の怪談を話し始めました。 
 
Bが話を終えた後、Aが、自分が高校時代に聞いた学校の怪談を始めました。 
 
こうなると私も話さないわけにはいきません。私も中学の頃聞いた怪談話を話します。 
 
で、私が話し終わると、促されたわけでもないのに、再びBが怪談を始めました。 
 
まあ、眠気覚ましには話をするのが一番と言われているし、危険な夜間のドライブ、 
 
みんなで、こうやって話し(しかも怪談)ていれば、眠気も飛ぶかもしれない。 
 
私もそう思い、Bの後、再び怪談を始めたAの話が終わった後、怪談を始めました。 
 
B→A→私、の順番で、話を続けます。 
 
途中で先輩も話に巻き込もうとしましたが、運転に集中したい。

また、怪談聞いていれば眠くならないから、聞き手に回っています。 
 
結局、私、A、Bで会談を続けることになりました。 

どのぐらい時間がったったのかは、時計を見ていなかったので覚えていませんが、途中で少々妙なことに気が付きました。 

もう10回以上私は怪談をしているのです。 

B→A→私。 

という順番は堅持されていたので、皆で30以上の怪談を話していることになります。 
 
一つの話に3分としても90分はかかっている計算になります。 
 
もう高速に乗っていてもいい筈ですが、まだ山道から出た気配すらありません。 
 
『こういう状況だから、時間が長く感じるのかな?』 
 
疑問に思ってもいましたが、同時にそうとも考えました。 

「おい、○○、お前の番だぞ。」 
 
「ああ、じゃあ・・・・」 

Aに促され、再び私も怪談を始めます。で、頭に沸いた疑問もそこで打ち切りになり、再び怪談話の輪に戻ります。