SHI863_jimejimeochiba15045040_TP_V

里帰りしてきた姉ちゃんが、昨日話してくれた話。 

姉ちゃんは、俺がビビりと信じて疑わなくて、色々怖い話をしてくる。 

大概実体験。 

うちは、古くから曰く付きの家で、女ばかり霊感が強い。 

だから、俺は幽霊とか見たことないんだが、姉ちゃんは昔から変わっていた。 

姉ちゃんが、友達と大学裏の山に肝試しに行くことにしたらしい。 

そこは、徒歩で20分も歩けば山頂に着き、小さな神社と茶屋がある。 

茶屋の団子が旨いから、大学サボっては登山して食べに行っていたそうだ。 

夕方、大学に女ばかり五人集まって、登り始めた。 

小さくても山だ、参道の階段以外は、普通に鬱蒼とした森。 

日は完全に落ちて、真っ暗な中、姉自慢の百ルーメンのライトを頼りに歩いた。 

半分も行くと、町の明かりが遥か下に見えて、綺麗だったそうだ。 

みんなで「夜景綺麗だねー」なんて言ってたら、 

「君たち」 

おっさんの声がした。 
 
全員ぎょっとして、声がした方を見ると、参道の脇の森から、登山服の中年のおっさんが現れた。 

「君たち、今日はお祭りかい?」 

「違うよ。おじさん、ここで何してるの?」 

姉ちゃんが尋ねた。 

「賑やかだからね、おじさんお祭りかと思ったよ。おじさんかい?おじさんは…」 

おっさんは、ぼんやりと町を見下ろしていた。
 
姉ちゃん達は、お化けかと思ったが、普通におっさんが透けてないから安心したらしい。 

「おじさん、皆と山を登ったんだけど、落ちちゃったんだ」 

「気付いたら、寝てたみたいでね、賑やかだからここまで来たんだよ」 

「おじさん、帰ろうかな…」 

少し言動に不気味さを感じて、ガールズは黙った。
 
しかし、細かいことは気にしない姉ちゃんは、
 
「おじさん、怪我してないの?」 

と、普通に話しかけた。 

「え?あれ、平気だなぁ」 

「良かったじゃん!じゃあ、私、照らしてあげるから気をつけて下りなよ。今度は落ちないでね」 

と、冗談まで言って。 

おっさんも、軽く笑って降りていった。
 
皆で見送り、山頂まで行ったが、お化けは出なかったそうだ。 

って話を、母さんにしたんだと
。 
そしたら、母さんが、 

「それ、○○山でしょ?私の友達も、そのおじさんに会ったって」 

とか言い出して。 

おじさん、やっぱり同じような事言って、山下るんだってさ。
 
同じ場所だった。 

「あれ、おっさん普通に会話するから、全然分かんなかったよね。皆見たし」 

姉ちゃん、そう言って 

「じゃ、行こうか」 

って、車の鍵出して見せるから、昨日は怖かったよ。 

結局、車に乗せられたけどね。 

行き先は、コンビニで、なんか色々買わされたけどね。 

昔から変わっていた姉ちゃんだけど、未だに相変わらずみたいだわ。