BUKIMI0I9A5174_TP_V

もう8年も前の話なんだけど、私が実際に体験した話。 

当時その辺りでは割と有名だった、今は無き廃病院に当時の彼氏とその友達2人の合計4人で肝試しに行きました。
 
全員が全員チキンだったので全体の4分の1程度探索して、特に何が起きるでもなく無事岐路に着きました。 

その翌日の夕方、彼氏の突然の訪問で叩き起こされたのですが、

特に用事は無かったようで30分程で彼は帰ってゆきました。 

私は特に気にも留めず長い昼寝の続きに戻ったのですが、ふと周りの騒がしさに目を覚ましてしまいました。 

仰向けに寝ている私の視界を、暗いオレンジ色の光を背に小さな黒い影が5つ、ぐるっと取り囲んでいます。 

一気に意識が覚醒して飛び起きようとしたのですが、体はビクとも動きません。 

パニックに陥りもがく私の耳を劈くような、どこからとも無く響く大勢の猫の威嚇の声。 

どれくらいの時間そうしていたかは定かではありません。
 
突然月の青白い光が部屋を包み、私はジットリと汗をかいて飛び起きました。 

すぐに部屋の全ての明かりとテレビをつけて部屋中に塩を撒き、

ようやく落ち着きを取り戻した私は彼に電話をかけました。 

「行ったでしょ」 

「何でわかったの?」 

私を除いた昨日のメンバーでもう一度あの廃病院に行って、その足で私の家に来たそうです。 

理由も聞かずに家に上げてしまった私が悪いのかもしれませんが… 

マジでイラッときたので即行別れましたという若き日の思い出。 

これを昨日母に話したら「私はネズミに枕元に立たれたよ」と。 

なんでも高校生の頃住んでた古い家でネズミに遭遇して、それを追い掛け回した晩の話だそうな。
 
親子ってお化け体験まで似るんですね。