オカルトゾンビ

ゾンビの様にオカルトな話題をむさぼるブログです!

    PPS_yuugurenobouhatei_TP_V

    彼女と福井へ旅行に行った。
     
    日本海側の壮言な景色を堪能し、海岸沿いにある旅館へチェックイン。 
     
    贅沢な海の幸に満足し、展望露天風呂にも入ってまったりした。 
     
    泊まった部屋は3階の北側で、窓の向こうは日本海。 
     
    部屋に案内された時、波の音がうるさいかもしれませんが・・・と言われていた。 
     
    見下ろせば、海岸に荒波が打ち付けられる様子がうるさく聞こえる。 
     
    【【恐怖体験】深夜の防波堤で見たモノ】の続きを読む

    TSURU170321-85 mm-158_TP_V

    わたしの父は多少霊感があるそうです。 

    父曰く、「見えると行っても、何を訴えているかなんて全くわからないし、もちろん祓うことも出来ない。害がありそうか、なさそうかくらいしか感じることが出来ない」とのこと。 
     
    そのため、何かを見てしまっても周りの人間に話すことは滅多にありません。

    話したところで周りを怯えさせるだけで何も出来ないから、と。 
     
    父の霊感の真偽のほどは定かではありませんが、家族は皆なんとなく信じています。
     
    【【不思議体験】砂の中から出てきたのは・・】の続きを読む

    0I9A6704ISUMI_TP_V

    俺は釣りが趣味で富士の湖でバスフィッシングをしていた時の話 
     
    朝から出かけぜんぜん釣れなくてもう昼だし飯でも食うかと思い 
     
    周りを見渡すと木陰の丁度良い感じの石が椅子の代わりなりそうな感じだった 

    ツナマヨを食べながらだいぶ暖かくなってきたから梅干しとか殺菌作用がある具が良かったかな 
     
    なんて思ってるといきなりおっさんが横に立ってるの。
     
    【【恐怖体験】いきなり沸いたおっさん】の続きを読む

    BUKIMI0I9A5174_TP_V

    もう8年も前の話なんだけど、私が実際に体験した話。 

    当時その辺りでは割と有名だった、今は無き廃病院に当時の彼氏とその友達2人の合計4人で肝試しに行きました。
     
    全員が全員チキンだったので全体の4分の1程度探索して、特に何が起きるでもなく無事岐路に着きました。 

    その翌日の夕方、彼氏の突然の訪問で叩き起こされたのですが、

    特に用事は無かったようで30分程で彼は帰ってゆきました。 

    私は特に気にも留めず長い昼寝の続きに戻ったのですが、ふと周りの騒がしさに目を覚ましてしまいました。 

    仰向けに寝ている私の視界を、暗いオレンジ色の光を背に小さな黒い影が5つ、ぐるっと取り囲んでいます。 

    一気に意識が覚醒して飛び起きようとしたのですが、体はビクとも動きません。 

    パニックに陥りもがく私の耳を劈くような、どこからとも無く響く大勢の猫の威嚇の声。 

    どれくらいの時間そうしていたかは定かではありません。
     
    突然月の青白い光が部屋を包み、私はジットリと汗をかいて飛び起きました。 

    すぐに部屋の全ての明かりとテレビをつけて部屋中に塩を撒き、

    ようやく落ち着きを取り戻した私は彼に電話をかけました。 

    「行ったでしょ」 

    「何でわかったの?」 

    私を除いた昨日のメンバーでもう一度あの廃病院に行って、その足で私の家に来たそうです。 

    理由も聞かずに家に上げてしまった私が悪いのかもしれませんが… 

    マジでイラッときたので即行別れましたという若き日の思い出。 

    これを昨日母に話したら「私はネズミに枕元に立たれたよ」と。 

    なんでも高校生の頃住んでた古い家でネズミに遭遇して、それを追い掛け回した晩の話だそうな。
     
    親子ってお化け体験まで似るんですね。 

    G145_nagarerutakitoyama_TP_V

    ガキの頃、親の実家に帰省したときの話 

    都会育ちの俺(小1)を楽しませようと小6の従兄弟と叔父さんがカブトムシ捕りに連れてってくれる事になったんだ 

    叔父さんは仕事があったから俺と従兄弟は1度寝て、仕事から帰ってきた叔父と夜中に山へ出発した 

    山のふもとには湧き水を汲む場所と車数台が停められる駐車場がありそこに車を停めて3人で山の中へ

    懐中電灯と虫捕り網とカゴを持って山の中の舗装されてない細い砂利道をはしゃぎながらどんどん進んでたんだよね 

    周りはもちろん木しか無く晴れて月が出てるとはいえ真っ暗で懐中電灯だけが頼りの状態 

    叔父さんや従兄弟の知る穴場のクヌギの木の所までまだかまだかと歩いてると

    道の先で何かボワっとした白いものがあったんだ 
     
    【【恐怖体験】あれ以来叔父さんは行方不明】の続きを読む

    DSCF3225_TP_V

    看護師やってます、看護学校時代の話です。

    全寮制の学校で兎に角先輩には絶対逆らえない学校だったのですが、

    毎年夏に二年生が仕組んで一年生が受ける肝試しがあったんです。 

    解剖室→標本室→霊安室と回るんですが各部屋に予め自分の名前が書かれた紙が置いてあるので

    それを持って来てゴールに居る先輩に渡して終了というルールがあって、私も一年生の時には受けさせられました。 

    解剖室や霊安室はさして怖くないのですが、標本室はマジで怖くて… 

    古い病院だったから全身ホルマリン漬けも男女各一体あったし、奇形児や胎児縦割りもあって、

    半泣きで入ったものでした。
     
    【【恐怖体験】呪いを受けた先輩達】の続きを読む

    PPG_yuuhiwoseniukerugennbakudome_TP_V

    厨房の時、修学旅行で広島へ行った。 

    原爆ドームへ向う道中、川に架かった橋を渡っていると、

    ガイドさんが「原爆で大火傷を負った人々が水を求めてこの川に殺到し、大勢がこの場所で生き絶えた」と教えてくれた。 

    お調子者のKは同じ班の俺やその他の連中におい!川に無数の手が見える!」「人々の呻き声が聞こえる!」などと不謹慎な冗談を言いまくっていた。 

    勿論Kに霊感など無い。ただの構ってちゃんである。 

    一々反応するのは疲れるので、皆でスルーしていた。 

    旅館で俺はKとその他三名と同室であった。

    夜になってもKはずっと「ドームから焼けただれた顔がコッチを見てた」等々、嬉々として語っていた。 

    俺はウンザリしていた。 

    消灯して寝る段になっても「おい窓に人影が!」などとほざいていた。 
     
    【【恐怖体験】原爆ドーム観光後の霊体験】の続きを読む

    OH86_hosoudourotokitakitune_TP_V

    後輩に、S君という子がいた。 

    自分が小学の3,4年のときのこと。 

    その日、体育館の掃除を4人でやっていました。(4人のうち、2人のことは、省略します。) 

    掃除が終わって教室に戻ろうとした時、S君はなぜかステージを見つめていました。 

    S君がステージをみつめてる理由を聞くと、 

    S「ステージに何かいる。」 

    そう言って少しS君の様子を見ていると、突然S君が走り出して、それに乗じて自分も逃げました。 

    教室の前に着くと、S君は泣いてました。 

    後日(その日だったかも。)泣いてた理由を聞くと、 

    S「ステージに『三つ首が在る狐』を見て、それが突然追ってきて逃げ出した。 教室前まできて、振り向いて、まいたとおもったらその狐が目の前にいた。」 

    続きます。

    その話を聞いて少し怖くなりました。S君はそれを見て泣いたみたいです。 

    結局狐の正体はわかりませんでした。 

    頼みの綱のS君も転校してしまい、事の真意もわかりません。 

    ちなみにその小学校は2011年に開校80年目でした。 

    三つ首の狐について判る人がいたら、教えてください。

    NAT93_hikarinosasu_TP_V

    初めて変な経験をしたのが4,5歳。もう30年以上前の話をしてみる。 

    父親は離婚のためいなくて、6畳一間のアパートに母親と二人暮しだった。
     
    風呂がなく、毎晩近所の銭湯に行ってた。 
     
    いつもの通る道には、その町では割と有名な大きな柳の木がある。
     
    ある日の帰り、その木の根元に、白装束の女の人が立っていた。 
     
    じっと俺のほうを見ているのだが、怖いとかそういう気持ちはなかった。 

    母親が突然俺の手を握って 
     
    「俺君、走って帰ろうか」と突然走り出した。 

    俺の記憶はそこまで。 

    最近になって母親にその話をした。 
     
    「多分俺には幽霊が見えてたんだわ」と話すと、母親は顔が真顔になった。 
     
    【【恐怖体験】追いかけてくる白装束の女】の続きを読む

    ELLY14052759_TP_V

    子どものころ、自称霊能者の友達から変な遊びを教わった。 

    印を結んで、目をつむって歩く。 

    この動作を毎日繰り返すと、目を瞑っても、ものを見ることができるようになる、

    というものだ。 

    一時期、俺らは公園でこの遊びを毎日やった。 

    やがて、本当に俺は目を瞑っても前が見えるようになったんだ。 

    【【恐怖体験】自称霊能者の遊び】の続きを読む

    このページのトップヘ